2013年08月15日

『 高慢と偏見 』BBCドラマ版を見ましょう! PART 2

さてさてBBCドラマ版 『 高 慢 と 偏 見 』ですよー。

CIMG0001.JPG

↑ これがケースの表紙。主役二人の顔で迫る、と・・・

CIMG0009.JPG

↑ 開くと、内側がこうなっています。なぜか、コリン・ファース様のカード付き!
しかし、写真が・・・うまく写せなかった(涙)


この物語の時代は英国のエドワード朝(正確には摂 政 時 代・リージェンシーと呼ばれる時代です。

ヴィクトリア朝の前の時代ですね。女性のお洋服など、ヴィクトリア朝とは

明らかに異なるファッションです。ハイウェストで胸を大きく開けるファッションで、

胸のすぐ下で切り替え、スカート部分は直線的なラインを作ります。

コルセットをバストアンダーに付けるせいか、バストがより強調されます。

いわゆるエンパイアライン・・・こんな感じですね↓

服装エンパイアライン.jpg

イングランドのさる田舎町の中流階級のベネット家の娘たちの婚活物語・・・・・


そうですよ、ジェーン・オースティン様の 長編6作品すべてが 偉 大 な る 婚 活 物 語


この時代、中流階級以上の女性が職業を持って自活することは有り得ない時代でした。

雇われの使用人として働くのは労働者階級だけですから。

ちなみにベネット家は 小 規 模 な 地 主 階 級 、ジェントリーと言われるクラスと考えられます。


問題は 財 産 の 相 続 なのですが・・・ベネット家は娘が5人・・・女性に相続権が

無いわけではないのですが、条件が付けられる事も多く( 限 定 相 続


この家の場合は、男子が相続しなければならない条件付けられています。

よって、父親にもしものことがあれば・・・財産( 家・家具・土地・家屋など )は

全て親戚の男子が相続する形になります。


と、なると、残された母親は娘たちは家を出て行かなければならないのです。

なので、ベネット夫人は娘を結婚させる為にもう必死!!

この前提をまず知っておくと、より作品が楽しめますよ。


さて、登場人物は ベネット氏 & ベネット夫人 ↓

パパとママ.jpg

五人の娘たち───右から主人公の リジー(エリザベス)・四女キティ・三女メアリー

長女ジェイン(一番の美人!)・五女リディア( 問題児w )

五人姉妹総登場.jpg

この一家の御近所に、お金持ちで独身の男性が引っ越しして来たのをきっかけとして物語がスタート・・・

次回は、いよいよコリン・ファース様のダーシー様 が登場です♪

↓ ところで、『高慢と偏見』のロゴ入りトートが有るの御存知かしら?
“Pride And Prejudice”と入っています♪

posted by dollycat-88 at 22:17| Comment(0) | 高慢と偏見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。