2013年08月15日

『 高慢と偏見 』BBCドラマ版を見ましょう! PART 2

さてさてBBCドラマ版 『 高 慢 と 偏 見 』ですよー。

CIMG0001.JPG

↑ これがケースの表紙。主役二人の顔で迫る、と・・・

CIMG0009.JPG

↑ 開くと、内側がこうなっています。なぜか、コリン・ファース様のカード付き!
しかし、写真が・・・うまく写せなかった(涙)


この物語の時代は英国のエドワード朝(正確には摂 政 時 代・リージェンシーと呼ばれる時代です。

ヴィクトリア朝の前の時代ですね。女性のお洋服など、ヴィクトリア朝とは

明らかに異なるファッションです。ハイウェストで胸を大きく開けるファッションで、

胸のすぐ下で切り替え、スカート部分は直線的なラインを作ります。

コルセットをバストアンダーに付けるせいか、バストがより強調されます。

いわゆるエンパイアライン・・・こんな感じですね↓

服装エンパイアライン.jpg

イングランドのさる田舎町の中流階級のベネット家の娘たちの婚活物語・・・・・


そうですよ、ジェーン・オースティン様の 長編6作品すべてが 偉 大 な る 婚 活 物 語


この時代、中流階級以上の女性が職業を持って自活することは有り得ない時代でした。

雇われの使用人として働くのは労働者階級だけですから。

ちなみにベネット家は 小 規 模 な 地 主 階 級 、ジェントリーと言われるクラスと考えられます。


問題は 財 産 の 相 続 なのですが・・・ベネット家は娘が5人・・・女性に相続権が

無いわけではないのですが、条件が付けられる事も多く( 限 定 相 続


この家の場合は、男子が相続しなければならない条件付けられています。

よって、父親にもしものことがあれば・・・財産( 家・家具・土地・家屋など )は

全て親戚の男子が相続する形になります。


と、なると、残された母親は娘たちは家を出て行かなければならないのです。

なので、ベネット夫人は娘を結婚させる為にもう必死!!

この前提をまず知っておくと、より作品が楽しめますよ。


さて、登場人物は ベネット氏 & ベネット夫人 ↓

パパとママ.jpg

五人の娘たち───右から主人公の リジー(エリザベス)・四女キティ・三女メアリー

長女ジェイン(一番の美人!)・五女リディア( 問題児w )

五人姉妹総登場.jpg

この一家の御近所に、お金持ちで独身の男性が引っ越しして来たのをきっかけとして物語がスタート・・・

次回は、いよいよコリン・ファース様のダーシー様 が登場です♪

↓ ところで、『高慢と偏見』のロゴ入りトートが有るの御存知かしら?
“Pride And Prejudice”と入っています♪

posted by dollycat-88 at 22:17| Comment(0) | 高慢と偏見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

『 高 慢 と 偏 見 』 BBCドラマ版を見ましょう! PART 1

ジェーン・オースティン様の映像化作品は多いのですが、何といっても 最 高 の

出 来 映 え なのが1995年に 英国BBCで放映された 『 高 慢 と 偏 見 』

原題 「Pride and Prejudice」です。

BBCが威信を賭けて 充分な準備期間の後に 作成したドラマである事がよく分かりますよ。

(日本のテレビも少しは見習ってほしいよね)



出演: コリン・ファース( ← これ以上のダーシー様はいませんと断言できます!)
    ジェニファー・エイル( ← ヒロインのエリザベス<リジー>を演じた女優さん、彼女もぴったり)

監督:サイモン・ラングトン

ディスク枚数:2枚

販売元:IVC

DVD:発売日が 2002 年

字幕:日本語・英語

時間:302分

※但し、このバージョンは新品のものにはプレミアムがついてしまいました

ちなみに 私がこの旧バージョンのものを初めて見たのは、友人から借りてです。

すっかり気に入って、欲しいと思っても、もはや定価では購入できず・・・

なので、私が購入したのは その後に発売されたこちらの方です ↓



出演:コリン・ファース ジェニファー・エイル(これは同じですね)

監督:サイモン・ラングトン

ディスク枚数:2枚

販売元:IVC

DVD:発売日が 2011 年

字幕:日本語・英語 NHK放映時の日本語吹き替えも有り

時間:302分

※リマスター&豪華コレクターズデザインケース仕様

但し、残念ながら 特典映像はリマスターされていませんでした、どう見ても。


えっ、最初にDVDが発売されてからもうそんなに?と改めて驚いてしまいました。

オースティンの小説は読んでいても、いわゆる名作の映像化は案外がっかりする事が

多いので、友人から勧められるまで、積極的に見る気はなかったのですが・・・


DVD2枚分ですので、まず1枚見て、それから次の日に2枚目を見ようと

( 最初は )思っていたののですが、余りの面白さに止める事ができずw

ついに5時間ぶっ通しで最後まで見てしまいました。原作を読んでいるので ストーリィは

知っているはずなのに!

それではストーリィの詳しいことなどは次回に・・・ご一緒に詳しく見てみましょう! コチラで →
posted by dollycat-88 at 23:56| Comment(0) | 高慢と偏見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

ジェーン・オースティン様を楽しむために♪ ご挨拶を


オースティン紙幣.jpg

(画像引用:AFB BBNEWS http://www.afpbb.com/article/economy/2957967/11080700

おっと失礼、いきなり ど・アップ で迫ってしまったのはジェーン・オースティン様の

肖像画でございます。


これは英国のイングランド銀行が 新しい10ポンド紙幣の図柄に19世紀の女性作家である

ジェーン・オースティン様の肖像を採用する
と発表したニュース映像。

現行のダーウィンに代わり 2017年から流通します


ちなみに、この肖像画はお姉さんのカサンドラが描いたものを元にしています。


いや、ポンド紙幣はともかくとして、ジェーン・オースティン様ファンとしては

余りにも喜ばしいニュースでしたから、御挨拶がわりにお知らせを!と思いました。


18世紀の終わりに生まれて、42歳で亡くなるまで生涯に 6 冊 の 長 編 小 説 (プラス

若き日の短編など少々)を残したジェーン・オースティン。

作品は今でも世界中で読み継がれています


そして注目すべきは、 映 像 化 作 品 ! 長編すべてが映像化されていて、みんな

出来が良くて面白いの! (映画&テレビ DVD化作品)管理人は全て所持しておりますので、

これから少しずつ 御紹介しちゃいますね♪


まず、一番最初は・・・やっぱコレでしょ! あのコリン・ファース様に御登場していただかなければ↓

次回はこの作品DVDから、ね。





posted by dollycat-88 at 21:46| Comment(0) | ご挨拶♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。