2013年08月29日

『 高 慢 と 偏 見 』 BBCドラマ版を見ましょう! PART 8


さてさて、BBCドラマ版 『 高 慢 と 偏 見 』 PART8 でございますが、前回の PART7

同じように、もう一度趣向を変えて「何か御不満は?」という点を探してみました。

皆さま、何か御不満の点は? 例えばキャストとか・・・


【 キ ャ ス ト 】

あのダーシー様を演じたコリン・ファースについては・・・少なくとも、この作品については

・・・無かった! いや、これはマジに。

彼は、この役を演ずるに当って、体を鍛えてかなり絞ったらしいですよ。

その努力の結果が、あのダーシー様ってわけね!

リジーのピアノに魅せられるダーシー.jpg

1 9 4 0 年 の 映 画 化では、ダーシー様を演じたのは天下の美男、ローレンス・オリヴィエ様! 

はっきり言って、美男度においてはローレンス・オリヴィエ様の方が上なんだけれど、

この映画作品は・・・ジェーン・オースティン様の原作を かなり改変してあるのですよ、ハリウッド式に。

その意味で・・・比較の対象にするのは苦しいかな?

( オリヴィエ様のファンは別として、また、かってこういう作品もあったんだという資料的な価値もアリ。

但し、原作を知らずに この作品だけを観れば充分に楽しめると思います)


ヒロインのリジーを演じたのは ジェニファー・イーリー(1969〜 )アメリカ出身の英国女優。

この作品で初めて知った女優さんです。正直言って、ずばぬけた美人ではない

顔も大きめだし、スタイルだって今どきの女優さんにしては、ダイエットが必要レベルかもしれないね。


現に・・・・・

キーラー・ナイトレー主演の映画「プライドと偏見」の方を先に見たので、キーラーに比べると、

ずんぐりした感じでイマイチだと思った



・・・はい、私も初めてこの作品を観たときにはそう思いました。

ところが、不思議なことに、物語が進む内に段々と美人に見えてくるではないですか!

実は、上のイマイチと思った方も

こちらはこちらで、見直ししているとなかなかの味があるようです。

↑ なーんて仰っていますので。


はい、特に段々とダーシー様を恋していく辺りなど、本当に恋する女性の表情になって

いくのですよ。

彼を愛しています、パパ.jpg


最後に近いシーンです。パパにダーシー様との結婚を話すシーンでの表情・・・


そう、確かにスタイリッシュな美人ではないけれど、演技力は確かなものだと思いましたよ。

だって、演技力で美しさを表現出来るのだもの


なお、この後の作品では同じくコリン・ファース主演の『英国王のスピーチ』にも出演されていますよ。

ジェニファー・イーリーさま.jpg
最近の御真影
画像引用:http://www.imdb.com/name/nm0000383/bio



【ストーリィその他の件】

これもマイナス意見が無いくらいだなあ・・・強いて言えば、ストーリィに関してですが・・・

あの五人姉妹は、長女のジェインは性格も良く美人で、リジーは頭の良い知的なタイプ

なのに、下の三人の出来が悪過ぎないか? 姉妹なのに 全然似ていないのはヘンでは

ないのだろうか?



うーん、これはですね、原作がそうなっているのですよ。

その意味でBBCのドラマは原作に忠実に作成されていますから。

いわば知的な父親似とお馬鹿な母親似なんでしょうかね? 

また、現実問題として兄弟姉妹、性格がみんな違う、という事はよくあることですしね。

また、ジェーン・オースティン様の原作にしても、性格を敢えて強調してメリハリをつけて、物語とし

て分かりやすくしたのかもしれませんから・・・


あんなに知的な父親と 頭カラッポな母親が夫婦なのはおかしくないか?という意見も。

そうですね、こちらも原作通りなんですが、原作ではもう少し詳しく、母親は若い頃かなりの美人だったので、

パパはそこに(若気のいたりで)惚れてしまったのではないかとw


さてと・・・異論・反論はないかといろいろ探してはみたものの・・・

やっぱり良 く 出 来 た 作 品 と い う 事 を 再 認 識 した結果になりましたね。

それでは、今日はこの辺で・・・



高慢と偏見 ジェイン・オースティン原作 コリン・ファース主演 リマスター&豪華コレクターズデザインケース仕様 【日本語吹替/日本語・英語字幕収録】 [DVD]

posted by dollycat-88 at 02:16| Comment(0) | 高慢と偏見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

『 高 慢 と 偏 見 』 BBCドラマ版を見ましょう! PART 7

さてさて、BBCドラマ版『 高 慢 と 偏 見 』 PART 7 でございますが、今回は少々趣向を変えて、

このドラマ&DVDへの 「 何 か 御 不 満 は ? 」 という点を ちょっとまとめてみましょうか?

高慢と偏見.jpg

いろいろチェックしてみましたけれど・・・発売されているものには幾つかバージョンが

ありまして、まず最初に DVD化されたのがコレ↓


発売日: 2002年04月05日
発売&販売元: 株式会社アイ・ヴィー・シー(IVC)
※収録時間:155分+147分/カラー/ステレオ/片面2層/MPEG2/4:3/
英語/日本語字幕・英語字幕



私が友人から借りて最初に見たのがこのバージョンでした。

ドラマの内容・出来栄えについての不満、というわけではないのですが・・・


【 な ぜ 日 本 語 吹 き 替 え が 入 っ て い な い の か ? 】

映像も俳優もすごく原作のイメージによく合っていて、よくできてるなあと思ったん

ですが、いかんせん字幕の翻訳が物足りないんですよ!

イギリス風味たっぷりの皮肉も4割減ですよ。オリジナルの面白さを追求するなら、

素晴らしい出来の日本語吹き替え版を入れなかったのか!?



あー、これ、最初はNHKの放送で見た私の友人も同じ事を言っていました。

なぜ、日本語の吹き替えが入っていなかったのか?って・・・

一流の声優さんたちの努力で、オリジナルの俳優さん以上?の映像にぴったりの声

ばかりだったそうですね。

また、字幕の翻訳については・・・この作品だけではなく、すべての字幕物に言えることですが、

文字数の制限という壁がありますから。

だからこそ、オリジナルを 忠実に生かした 吹き替えが 貴重なんですよね。

他にも同じような意見で・・・


「わたしの可愛いリディア!」と叫ぶミセス・ベネットの滑稽さや、

コリンズ牧師の間抜けなおかしさ、小山力也(ダーシー)さんの深みのある美声など、

普段はオリジナル音声派ですが、この作品に限っては日本語吹き替え版の方が遙かに優れていました。


ママとミスター・コリンズ.jpg

( ↑ ママのミセス・ベネットと、ミスター・コリンズ! この二人は 素晴らしい名脇役 でした!)

そうそう、私も 基本はオリジナル音声派なんですよ。ただ、この作品の日本語吹き替えは、

とてもよく出来ていましたから、余計に無いのが残念ですよね。


しかし・・・!  その後2011年に同じ株式会社アイ・ヴィー・シーから発売された

バージョンがコレです↓



高慢と偏見 ジェイン・オースティン原作 コリン・ファース主演 リマスター&豪華コレクターズデザインケース仕様 【日本語吹替/日本語・英語字幕収録】 [DVD]

なんと嬉しい事には日 本 語 吹 き 替 え もちゃんと入っていました!

私が購入したのはこのバージョンで、実際に日本語吹き替えも聞いて、

あー、なるほど 皆さんが「日本語吹き替えがイイ!」と言う理由に納得いたしましたわ。


残念なことに、リマスター版で 画 像 は 綺 麗 なんですが、特典映像の方は昔のままで

直っていないという欠点はありましたけどねー。


また、やはりDVDではイヤ、今はもうBlu-rayでなきゃ!という方のためには Blu-ray 版 も!!

発売は同じ株式会社アイ・ヴィー・シーで、表紙デザイン等の仕様はDVDと全く同じです。発売日も2011年


【送料無料】高慢と偏見【Blu-ray】 [ コリン・ファースリマスター&豪華コレクターズデザインケース仕様 【日本語吹替/日本語・英語字幕収録】 ]

私はこれは実際には見ていませんが、やはり2枚組みで、Blu-ray ならば1枚にまとめて欲しかった!

という意見もあったことを付け加えておきましょう。

それでは、今回はこの辺で・・・

PART 1  PART 2  PART 3  PART 4  PART 5  PART 6
posted by dollycat-88 at 19:04| Comment(0) | 高慢と偏見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

『 高 慢 と 偏 見 』 BBCドラマ版を見ましょう! PART 6

さてさて、BBCドラマ版『 高 慢 と 偏 見 』 PART 6でございます。

気になる、主人公リジーとダーシーの関係でありますが、第一回目のプロポーズは 二人にとっても

悲惨な結果に終りました。しかし、その後のダーシーの努力により、双方の誤解そして自分たちの偏見が

解けていきそうな期待感を持たせて このまま上手くいけば 恋 が 実 を 結 ぶ か も ?と

期待できるところまで進みましたけれど・・・とんでもない事件が起こり もう二人の仲は完全にダメ・・・

ラスト.jpg

おっと、失礼、いきなり ラ ス ト の 画 像 を載せてしまいました (爆

しかし、大丈夫。この作品はラストを知ってしまったらお終いという作品ではありません

下手なミステリーのように、犯人が分かってしまえば、もう二度と読む気が無くなる、

という作品ではありませんから。

なんですよ。ラストが分かっていても、改めて 何 度 で も 見 直 し たい 位 の 作 品 ですから。


さて、前回の PART 5 では、せっかくイイ感じになった リジーとダーシーの関係を

ぶち壊すような事件が起きてしまいました。

問題児w リディアが駆け落ちを! お相手はよりによってウィッカム

かけおち.jpg

「手に手を取って駆け落ち」という言葉通りのシーンですね↑

200年前の 英国の中流社会で 「 駆 け 落 ち」は 家 の 恥・・・

本人だけではなく家族ももう世間に顔向けの出来ない、他の兄弟姉妹も

結婚なんか出来やしない・・・


リジーは心の中でダーシーにお別れを言います。もう、自分たちは世間から爪弾きされるんだから・・・

作品中、リジーが涙を流すのは このシーンだけ・・・

さようならを告げたリジー.jpg

その位深刻な出来事でした。 何とかなりそうなのは結婚することなんですが・・・

しかし、リディアはともかくとしてウィッカムは本当に彼女を愛しているのかも疑わしい・・・

なぜか結婚式.jpg

なんとか結婚にこぎつけてホッ・・・あれ? この結婚式の場面不思議だね、家族が誰もいなくて、

伯父さん夫婦だけ・・・えっ? なぜ、ダーシーがいるの?

理由は・・・教えてあげないww


これで ひとまず家族の対面は保てたのですが、リジーとダーシーをさらに強固に結びつける

ちょっとした出来事がありました↓

レディキャサリン再登場.jpg

↑ 立派な馬車です。お仕着せを来た従者に紋章入りの馬車・・・ひょっとして? この人は・・・?


・・・さてさて、ラストに向けての盛り上がりは もういいよね? 省略しましょうよ。

この作品の面白さは、やっぱりじっくりとDVDを見て楽しんで欲しいからね。 

ファンを 増やしたいなあという気持ちもあります、正直なところ。



さて、さて、この作品への 他の人の意見もチョット気になるところなんだけどねー

例えば・・・


【 コリン・ファース最高です 】

彼のファンなら絶対にお勧めです

コリン・ファースの出世作。彼の目力にやられます。他のキャラクタも皆魅力的

ストーリーもイギリス英語も素敵で 何度でも見たくなる作品。


あー、やっぱりねー

まずは、コリン・ファースさまのダーシーファンなのね。

【 面白かった 】

評判通り、とてもきれいな映像で風景やストーリーの素晴らしさに夢中になって

一気に6時間見てしまいました。高齢の父母も喜んでみていました。



あはは、一気に見てしまったのは私だけではなかったのね。風景やバックのセットも

とても丁寧に作られているんですよ。まさしくBBCが威信をかけて製作した映像作品って感じ?

また、御年配の方にも評判が良いのも分かるなー。

だって、これは 200年前の英国で、いわば 時 代 劇 !なんだもの。

【 マイ・ブーム 】

今更なんだか 高慢と偏見がマイブームになってしまっています

この気持ち、分かります。他にも映画作品が( 新・旧 )あってどちらも所持していますが、

このBBCのが一番良く出来ています。

あっ、これまで言い忘れていたけれども、DVDだけではなく Blu-ray も発売され

ていますからね。
【送料無料】高慢と偏見【Blu-ray】 [ コリン・ファース ]
さて、それでは今日はこの辺で・・・PART1 PART2 PART3 PART4 PART5
posted by dollycat-88 at 03:22| Comment(0) | 高慢と偏見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。